« 本年も「どうぞよろしく」 | トップページ | 「着うた」ってことは、 »

2010年1月17日 (日)

15年

Img_6056



















大好きな正さん。

今日も【ドリブログ】アップップ、サンキュ.です。




15年前の2月にアタシは結婚しました。
15年前の1月16日に、夫と二人で新しい生活を始めるために借りた家に、
家財道具を運び入れました。
その日から夫は新居で暮らすことになり、アタシは実家へ帰りました。

翌早朝、起こったのです。

阪神淡路大震災。





凄い揺れで目が覚めて、
その揺れが凄く長くて全然おさまらなくて、
怖くて怖くて布団にもぐったまま、動けなかった。

昨夜、「庭イヂリ」の時間に、
テレビでは、神戸新聞の記者さんたちが、がれきの中でも
新聞を作り続けた闘いを描いたドラマをやっていて、
耳ではイヤホンで正さんと美和ちゃんの声を聴いていたんだけれど、
目ではそのドラマを観ていて、
なんとも言い表せられないような、気持ちが込み上げてきて、
涙が止まらなくなってしまった。



ごめんなさい。
今日の正さんのブログの内容に、全然関係のない内容だけど、
トラバNGかも知れないけれど、
やっぱりどうしても書いておかなくちゃ、と思ったから。

あの日から、今日で15年。

|

« 本年も「どうぞよろしく」 | トップページ | 「着うた」ってことは、 »

コメント

リスちゃんは被災者なんだよね・・・。

昨日のドラマ、夜イヂをお休みして見てました。
ワタシもその日のこと、物凄く覚えててね。
あの日、映像で見た恐怖は忘れられません。
リスちゃん達の恐怖とは比べ物にならないだろうけど・・・

最後の社説の朗読。涙が止まらなかった。

忘れちゃいけないことだ。。。

投稿: はる | 2010年1月17日 (日) 15時54分

☆はるsama☆ミ

アタシはね、被災したうちには入らないよ。
確かにウチも凄く揺れて怖かったけれど、
何も被害はなかったの。
荷物を入れたばかりの新居も、夫は必死に食器棚を押さえててくれたみたいだけれど、グラス一つも割れなかった。
勤めていた会社には神戸に営業所があってね、その営業所の人たちは、避難所にいたり、
大阪勤務の人でも、兵庫県にお家がある人は、
お家が半壊して、車の中で過ごしたりしてらした。
ホンマに、アタシたちに出来るのは、
忘れない事。

コメントありがとうね。

投稿: リス | 2010年1月17日 (日) 21時57分

りすちゃん、怖かったやろね。
朝のテレビの出来事が、信じられなかった。
私も同じくして、イヂリながらテレビでした。
高速道路、倒れてて、あの近くには、主人の
おばあちゃんが住んでいました。
りすちゃんも、ご主人も、無事でよかった。
命は、お子さんたちにも繋がってるもんね。

投稿: ちびたMAX☆ | 2010年1月18日 (月) 00時04分

☆ちびたMAX☆sama☆ミ

ヘンテコリンさんのおばあさま、ご無事だったのでしょうか。
自然の驚異には、ちっぽけな人間はかなわない。
そして、天災は忘れた頃にやってくる。
ちびたMAX☆チャンのところにも書いていたけれど、
「精一杯生きる」事が、
頂いた命に対する、アタシたちの礼儀やね。
今日も明日も明後日も。
ハイチに想いを飛ばしながら、精一杯生きよう。

投稿: リス | 2010年1月18日 (月) 11時15分

関東にいる私たちと、きっとリスちゃんたちの想いは
また違うんだろうな。
忘れたくて苦しんでいる人もいるんだろうけど、
忘れちゃいけないことなんだよね。
私もドラマ見たよ。
ビデオにとって子供たちと見たんだけど、
最初桜井君目当てで見ていた娘達、だんだん恐くなってきたようで次女は直視できず・・・長女は集中してみていました。
17日夜NHKでやっていたドラマも、すごく良かったよ。

投稿: はな | 2010年1月19日 (火) 13時07分

☆はなsama☆ミ

桜井君目当てで見始めたっていいんだよね。
あの大きな地震を知らない世代の人たちが、
あの出来事を少しでも知るきっかけになってくれたら。
ウチの子どもたちも、
「ホンマにこんなんやったん!」
って驚いていました。
ホンマやねんで。こんなんやったんやで。
よう見ときや、って言ったんやけど、
やっぱり途中で怖くなって見られなくなってた。
NHKのは録画しました。またゆっくり見てみます。

投稿: リス | 2010年1月20日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本年も「どうぞよろしく」 | トップページ | 「着うた」ってことは、 »