« 手放せねぇ~ | トップページ | その時は、 »

2009年3月 3日 (火)

弱虫。




 大好きな正さん。

 まさちゃん、って呼ばれるのが 「すき」 なんだ。
 正さんよりちょびっとだけ“お若い”アタシは、
 やっぱり、「正さん」ってこれからも呼ばせてもらおう。

 もうすぐ、ホンマにもうすぐ始まる

 『ドリしてます?』

 で、正さんの苦手なコーナーがあるんや。
 ウシシ。何やろ?
 ステージの上でオロオロしちゃってる正さんを見るの楽しみですぅ~
 あ、バッチリリハーサル積んで、本番にはバッチリ仕上げてきて、もしかして、オロオロは見られないかも?

 なーんて、いらんプレッシャーかけたりして。

 バッチリ正さんも
 オロオロ正さんも、

 どっちもどっちも大好きやから。
 だからやっぱり楽しみです。




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



 あぁ。アタシってば、なんで?
 なんでこんなにイライラして、トミーに怒鳴り散らしてしまうんやろ。
 自分自身が変わらなきゃ、何にも変わらん、ってわかってるはずやのに。
 なんで、なんで、いつもいつも同じ行動パターン・・・
 いつものやり方が楽だから、それに逃げてるだけやんか。

 弱虫。




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+






 本日、3月3日は、「ひなまつり」 みなさんモチロンご存知よね。

 ひな祭りとは、平安時代の京都の風習だった子供の無病息災を願う上巳の節句(じょうみのせっく)と、ままごとの遊びが江戸時代初期に融合し、女の子のお祭りになったといわれています。
 ひな祭りという呼び名は、小さな人形で「ままごと遊び」することを「ひいな遊び」と呼んでいたのが語源です。
 はじめは京都の上流階級の家だけの行事でしたが、しだいに民間の行事となり、やがては地方へとひろまっていきます。
 ひな祭りは江戸時代中期にかけて年々盛んになり、人形やひな壇もどんどん派手になっていきました。
 当時は等身大の人形をかざったひな壇もあったといいます。
 ですが、1721年(享保6)に、ぜいたくな生活を規制する当時の江戸幕府によって、ひな人形の大きさは24cm以下とさだめられました。

 ひな祭りのことを別名で「モモの節句」といいますが、それは当時の旧暦の3月3日は、現在の4月上旬にあたり、ちょうどモモの花も開くころだったからです。
 また江戸時代、ひな祭りの日には、銭湯でモモの葉をお風呂に入れた「桃の湯」に入るのが流行していました。
 昔話の
桃太郎が鬼を退治するように、植物のモモには災いをおいはらう効能があると信じられていたからです。

 詳しくはこうなんだって。

 ウチは男の子しか居ないから、お雛様ないんだぁ。アタシが子どもの時も、団地とマンション暮らしだったから、ガラスのケースに入った小さなお雛様しかなかったんで、段飾りのお雛様に憧れたなぁ。
 写真のお雛様は、近所のスーパー銭湯 に飾ってあったお雛様。

 3月3日は他に、「耳の日」「平和の日」「女のゼネストの日」「三の日」「桃の日」「金魚の日」「結納の日」
 いっぱいあるねぇ。



 『DO YOU DREAMS COME TRUE?』 の大ヒットを祈願して、毎日更新中の、大好きな正さんのブログは、コチラ。

|

« 手放せねぇ~ | トップページ | その時は、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手放せねぇ~ | トップページ | その時は、 »